個人事業でも交際費や福利厚生費を計上?確定申告での節税裏ワザ!!

さん太
前回は個人事業主ができる基本的な節税の話をしたけど、今回はもう少しグレーな話をしようと思う。
イヴ
そう言えば前回は不審なこと言ってたわよね、遊びのお金も経費に出来るとかなんとか…。
さん太
「仕事のために必要」ならば大っぴらに肯定はできないけど否定も出来ない、税務署が判断しかねる経費の話になるね。

 

個人事業主の経費の範囲がものすごく広いのは前回の記事の通りです。

というのも個人と事業の境界が明白ではない、というのが大きいです。

更に税法上明確な基準が無いというのも影響してきます。

この不明確な範囲は、「事業のため」の解釈で更に広げることが可能です。

 

スポンサードリンク

 

経費は「社会通念上、認められる」費用

さん太
最初に極端なことをいうと、個人事業主が「仕事のためにかかった費用だ」と言い張ればどんな出費でも経費として計上できる
イヴ
…は?いやいや、さすがにそれは暴論でしょ?そんなのさすがに税務署が許さないでしょ…。
さん太
その通り。「経費として計上できる」というのと「税務署が認めるか」は別問題だ。じゃあどういう費用なら税務署が認めてくれるのか、が重要なんだけど…明確な基準が無いからこそこういう話になる。

 

経費というのは経営者が仕事のために必要だったと認めた支出です。

税務署がその経費を「仕事上必要だ」と認めて初めて税金の計算に影響します。

これを「損金」といい、所得計算の減算項目になります。

 

では経費が損金として認められるための基準は何か、気になりますよね。

「事業に必要」という前提はあるものの、税法上に明確な基準は存在しません。

ここで初めて「社会通念上、認められる」と言う言葉が出て来ます。

 

これは物凄くザックリ言うと税務署員が「常識的に考えて」判断します。

つまりは税務署員の知識や経験によって認められるかどうかが変わってきます。

これを前提としてここから先を読み進めて下さい。

 

私的な支出を経費にする

さん太
前にも何度か言っているが個人事業主は個人と事業が曖昧だ。だから法人に比べて経費の範囲が広くなるし、事業主が行ったことが仕事に繋がることも多くなる。
イヴ
でも明らかに個人の支出を仕事に必要だったとして経費にするなんて…。強引すぎる解釈だし悪徳な方法だと思うのだけど。
さん太
仕事に必要”とする”という言い方だと語弊を招くけど、周囲からはどうみても遊びにしか見えない行動がことが業務を進める上で必要なことだという例は結構ある。接待なんて最たるものだろう。

 

旅行の費用を経費に

イヴ
いやいや…さすがにこれは無茶でしょ、仕事じゃなくて完璧なレジャーだし。
さん太
さすがに無条件というわけにはいかないけどね、「事業に関係がある」ならば可能だ。
さん太
例えば一週間ハワイに出かけるようなケースは周囲からは遊びにしか見えないけど、ハワイにビジネス上のパートナーがいて直接会いに行く必要があるったならばそれは立派な経費だ。

 

このように商品の仕入れや、事業の視察のために海外にいくことは考えられます。

仕入が無くとも事業のヒントを探す、ビジネス関係の人に会うということもあり得ます。

ですが税務署にとっては私的な旅行にしか見えないので口を出してくるでしょう。

 

なので滞在時間の半分以上は仕事の日程を組んで、その通りに動く必要があります。

事前資料に加え、仕事をしたという資料も用意した方が良いでしょう。

ビジネスという名目上、あまり豪華な旅行にするのもおすすめできません。

 

ライブなどのチケット代を経費に

イヴ
これはもっと無理でしょ!!旅行は仕事の体裁があるけどこっちは完全に遊びだもの!!
さん太
こちらは「福利厚生費」という名目で計上するんだ。福利厚生費も経費として認められている費用の一つだからね。
さん太
注意としては事業主一人の事業だと確実に否認される。家族以外の従業員にも一律に供していれば認められるが認否の法的根拠が存在しないというかなりのグレーゾーンだ。

 

福利厚生費とは従業員の福祉を充実させるための費用で、次の要件があります。

 

  • 金銭的な報酬では無い
  • 賃金には含まれない
  • 全ての従業員に平等に支出する

 

では実際にどんなものが福利厚生費として認められるのかというと…。

具体的な定義は存在しません

その支出が結果的に従業員への報酬となり、能率の向上に繋がれば良いのです。

 

なのでライブも結果的に仕事効率のプラスになれば福利厚生と認められます。

例えばクルーザーやスポーツジムなどの費用を福利厚生費とする会社もあります。

とはいえ税務署は良い顔をしないので、個人事業主なら間違いなく目をつけられます。

 

イヴ
一つ気になったんだけど…福利厚生費って従業員に支出されるものだから個人事業主だけには当てはまらないんじゃないの?だから個人事業主は否定されるんじゃ?
さん太
最近では国税庁でもそういう指導がされていて「個人事業主の福利厚生は家事消費」という方針だけど、法的根拠はない。税法にも「個人事業主1人の場合は認められない」という文面はない。
さん太
個人事業主は役員だからという話はあるけど、会社で役員が福利厚生施設を使っちゃいけないという決まりはないし社員旅行でも社長はポケットマネーという話は聞かない。個人事業主だけは認められないというのはおかしいだろう?
イヴ
…確かにそうね。会社なら認められるのに個人事業主の場合は法的根拠もなく否定するなんて乱暴な話だわ。
さん太
どうしても福利厚生費として計上するなら就業規則に福利厚生の項目を設けてその範囲内で…という方法も考えられる。とはいえ税務署は否認する方針だからよほど自信と根拠がないと難しいだろうね。この項目はあくまでも可能性の話としてもらいたい。

 

 

スポンサードリンク

 

交際費を活用しよう

さん太
個人事業主が税制上最も有利な点を上げるなら交際費に限度額が存在しない上に非課税ということだろう。これは法人には無い大きすぎるメリットだ。
イヴ
でも交際費は範囲が広くて誤魔化しやすい項目だから税務署も目くじらを立てる、って聞いたことあるわよ?
さん太
これも同じ「事業に関連する費用である」と証明できれば何ら怖がることは無い。証拠として領収書の裏に使途をメモしておけば大丈夫だ。

 

宴会や食事代

 

個人事業主の飲食費の多くは交際費として計上できます。

事業に関連する交際費というとお酒が入るイメージがありますがそれだけではありません。

これらの条件を満たせば朝食やカフェでの休憩も交際費となります。

 

  1. 人と会っている
  2. 仕事の話をした
  3. 全額を自分で払う

 

一人で接待は出来ませんし仕事の話も無く事業に関連すると主張するのは無茶です。

また3.にあるようにワリカンになった場合も交際費としては認められません。

ただし会費制の会合で飲食したような場合は費用を経費計上できます。

 

夜のお店の代金は落ちるか?

 

飲食費と同じ条件を満たせば、交際費として落とすことは可能です。

しかし「社会通念上認められるか」は税務署でなくとも疑わしい所です。

とはいえその様な場所が接待の場所として存在するのも事実です。

 

クラブなどは財界人も多く利用しますから、何が事業に繋がるか分からないのです。

実際に会社勤めでも接待でそのようなお店を利用することがあるでしょう。

なので個人事業主では認められない理由は無いのです。

 

とはいえ事業支出でそれだけが飛び抜けていたらどう見ても不審です。

さすがに接待をするだけで仕事になる事業はないですからね。

経費に計上する前に「常識的にどうだろうか」と考えてみましょう。

 

 

税務署員を説得できるか

イヴ
確かにそういう費用を毎回経費計上してれば結構な額になるでしょうし、そりゃ税務署員からすれば疑わしいでしょうね。
さん太
でもネットショップを営んでいるような人なら、バイヤーの様に商品探しで各地に足を運ぶから頻度も額も高くなるだろう。単に回数や額の多少で決まるとも言いにくい。
イヴ
なるほどねぇ…、確かに明確な基準は設けられそうに無いわね。だから「社会通念上」で判断されるのだろうけど…納税者側としては「税務署員によって判断が違う」では困るわよね。
さん太
それだけでなく税務署員にその事業の知識があるか、も大きい。例えばアフィリエイターなんかその最たるものだね、そういう職業があることすら知らない人もいる。
さん太
「パソコンで文章書くだけでこんなに費用がかかるなんておかしい」なんて言われることも…こういう人は書籍の代金が紙とインクの費用だけでできてると思ってるのかね?
イヴ
まぁ、個人的な話は置いておいて…とりあえずまとめるわね。

 

  • 個人事業主の経費に明確な基準は無い
  • 経費が税務上に認められるかは税務署員の判断による
  • 「その経費は常識的に考えてどうか」考える必要がある

 

さん太
最後に、どんな確定申告書でも…というと語弊があるけど、大抵は税務署に否認されないための裏ワザを紹介しよう。
イヴ
何それ!!そんな裏ワザがあるんだ!?
さん太
税理士を通すことだ。税務署員も忙しいからね、判断に迷うような経費の場合「税理士がOK出してるんなら大丈夫だろう」と思って通すことが実はある。もちろん自分の仕事に理解がある人を探すのは必要になるけどね。
さん太
だから個人事業主として資金に余裕が出てきたら懇意の税理士がいた方が得だ。特に地元密着の小さい税理士事務所は顧客が欲しいし、税務署には顔が利くからお互いwin-winの関係になれる。
イヴ
なんだかオトナの話ねぇ…。とりあえず今回はここで終わるのだろうけど、次回も節税の話が続くの?
さん太
次回はもう少し事業寄りの節税方法について紹介しようと思う。ここまではグレーだったけど次は完全にクリーンなお話だ。賢い自営業者には常識のテクニックだから知らない人は是非使うべきだね。
イヴ
それは良かったわ、ちょっと胃が痛くなってきたところだったから…。それではまた次回!!



スポンサードリンク



今話題の「マイナンバー制度」を語ります



確定申告しても副業がバレる!?マイナンバー制度での対策について

マイナンバー副業バレる働けど稼ぎが少ない現代、副業で稼ぐ人も多いのでは…。

しかしマイナンバー制度の導入で副業が会社にバレる?

副業が会社にばれないためにはどうすれば良い!!



銀行口座とマイナンバー制度の紐づけはいつから?建前と本音の話

マイナンバーと銀行口座マイナンバー制度で銀行口座が政府の監視下に?

いつ、どのような目的で施行されるのでしょうか。

いずれ来たる制度にどのように対応すれば!!



銀行口座が凍結?マイナンバー制度で国民資産が監視される,のウソ

国民資産の監視いよいよ国民の全財産がガラス張り状態に?

いえいえそれは誤解…目的は違う所にあります。

実は「マイナンバー制度がサラリーマンにはメリット」?



節税のつもりが脱税に?マイナンバー制度で防止できるか,と問題点

脱税の意思脱税をする人の多くは「なんとなく」している?

自分は節税のつもりだったのに…という可能性もあります。

マイナンバー制度でどうなってしまうのか!?



ヤフオク,アフィリエイトがターゲット?マイナンバー制度に狙われる脱税しやすい層とは

マイナンバー制度と脱税マイナンバー制度で最も狙われるのはネットで稼ぐ層?

儲けていようがいまいが関係なく狙われます。

脱税で摘発されないためにはどうすればいいのでしょうか!



なぜマイナンバー制度?課税の公平を実現に税法改正をしない理由

マイナンバーと課税の公平「日本は世界一金持ちの税金が重い」は本当?

本当ならばなぜ政府は財政困難で悩んでいるのだろう。

それはマイナンバー制度で解消されるのでしょうか!!



タンス預金も狙われる?相続税で自己破産もあり得るマイナンバー制度の話

マイナンバー制度と相続税マイナンバー制度の真の恐怖は相続税とともに?

親がコツコツ貯蓄したお金を根こそぎむしり取りたい政府。

そしていずれはタンス預金にも手を伸ばす…!




『管理人イチオシ記事』



【就活者必見】面接官は履歴書の特技を見ない!重視されるのは?


マジ


採用担当をしている友人から聞いた赤裸々な暴露トーク。

多くの人の"特技"への考え方は間違っているかも…?




【2万円超え】Kindle Voyageが調べるほど凄くて欲しくなる


voyage


購入を検討している上でも参考になるのが他人の評価。

管理人もそうなので周囲の評価を調べてみた結果…?




電子ペーパーお試し機種?Kindle Paperwhiteの特徴まとめ


Kindle Paperwhite


電子書籍端末でも一番有名なのはKindleだと思います。

その中でもお試し機種として最適と名高い機種ですが…?




Kindleのライバルとなるか!Kobo Aura H2Oの評判はいかが?


ワクワク


Voyageと同じく2万円近いが防水機能が売りのこの製品。

それだけかと思いきやそんなことはなく…?




Kindleと楽天Kobo、買うならどっち?特徴を徹底比較した結果…!


悩む1


「徹底的な使いやすさ」と「持ち出す読書」の戦い。

様々な場面を考慮した結果、軍配が上がったのは…?




コメントを残す

このページの先頭へ