電子書籍は企業が儲かる?自費出版は流行るがハードルは高くなる

電子書籍、「普及した」というにはまだまだですが認知度は高まりました。

これから「書籍のあり方が変わる」「誰にでも可能性がある」という声も

ありますがどの様に変わるのか、最近友人たちで議論になりました。

電子書籍によって書籍の未来はどう変わるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

価格のアドバンテージ

 

財布

 

一番目立つのはやはり価格。印刷、流通を始めとしたコストが抑えられる

ため紙媒体より安価で購入できる利点については周知されてきました。

しかし未だ紙書籍にこだわる人も多く、紙書籍の安価版となりがちです。

 

まずは紙書籍の販促として広告を出して実際の売れ行きを調査し、

十分に売れることがわかったら電子書籍でも出す、という後追い方式です。

まだまだ電子書籍が「普及した」と言えるには時間がかかりそうです。

 

企業にとってはまだ未知数の市場、だが既に投資してしまった以上

少しでも回収しなければいけない。そのために電子書籍の可能性について

喧伝しなければいけない側面もある、とも考えられるかも知れません。

 

 

これまでより多様な本が出る?

 

わからない1

 

議論の際「出版コストの削減から自費出版が容易になり、出版側の事情に

左右されない自由な本が出版されやすくなる」という意見が出ましたが。

ですが「それはいずれ抑制される」と反論をしたため更に白熱しました。

 

実際に電子書籍を取り扱う企業では次々と自費出版サービスを展開して

いますし、多くは「電子データで本が作れるため容易に出版できる」と

表示しています。参入障壁が低くなり、市場はますます活性化する。

 

これは確かにその通りではあるでしょう。しかし電子書籍で削減された

費用には広告費も含まれます。これまで出版社は出版コスト以上に

電車の吊り広告のような販促広告を重視してきたし実際効果があった。

 

だが電子書籍の自費出版は「誰でも簡単に本が出せる、でも販促はしない。

売れるかどうかは知らないよ」というスタンスを取っているから安価で出来る。

売るための宣伝はブログなど自身でしなければなりません。

 

空間の制限がある訳でもなし、登録料は取らずに参入のハードルは下げる。

とりあえず片っ端から並べて置いて売れたら売れた分だけ上前をハネる。

電子書籍の自費出版は企業にとってもかなり美味しい商売でしょう。

 

さん太(特殊2)新しく出来た市場っていうのは売り手市場な訳で。海千山千の甘言に安易に引っかからないようにしたいね。

関連記事

電子書籍による自費出版で印税生活?そんな美味しい話はない!

 

するとこれからは「お金を出すから他の本より売れるようにしてほしい」と

考える執筆者が増えるでしょうから、企業側も追加料金で「オススメ商品」と

して優先的に表示するサービスを展開するのでは、という話になりました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

結局今までと同じところに落ち着く

 

↓カモにされないように勉強は必要だろう

悪徳業者

 

電子書籍が普及したとしても購入者の意識に変化が起こる訳ではありません。

大手電子書籍メーカーが「この本がオススメ」と掲げるだけで販促効果が生まれ、

購入者側もそのような本を優先的に購入していく人が多いでしょう。

 

結果、売れるためには内容よりもどれだけお金をかけるかが重要になっていく

革命的な内容の本でもお金を掛けなければ中々売れず、次々と投入される本に

埋もれていってしまう未来は容易に想像できます。

 

さん太(普)今までは「売れている=良質」というイメージがあったけれどこれからは「必ずしもそうではない」という考え方が重要になってきそうだね。

関連記事

電子書籍の長所は安いだけ?今後、市場は広がり情報格差時代が起こる

 

 

電子書籍の自費出版サービスでは盛んに「誰でも売れっ子のチャンス」としきりに

叫んでいますがそれは今の内、市場が活性化するほど売れるにはお金がかかる

のはどんな業界でもそうそう変わるものではありません。

 

確かにチャンスを掴むハードルは低くなりますし、市場は活性化するでしょうが

プロと肩を並べるにはお金だけでなく努力も勉強も必要になってきます。

そうして売れるようになった人は結局の所「プロ」なんじゃないかな、と思います。

 

「可能性はあっても、”供給側の優位”が存在する限り変革はなかなか

起こり得ないのではないか」という結論で議論は締めくくられました。

 

もし電子書籍で執筆を志している人がいるならば「本当に本が書きたいのか」

「その本はどこにニーズがあるのか」「流行りに惑わされていないか」、

一度しっかり考える必要がありそうです。

 

逆に売れっ子になるためなら今がチャンス、とも考えられますね。

“頭の中の本”が明確になっているならば執筆するのは早い方がよさそうです。




スポンサードリンク



今話題の「マイナンバー制度」を語ります



確定申告しても副業がバレる!?マイナンバー制度での対策について

マイナンバー副業バレる働けど稼ぎが少ない現代、副業で稼ぐ人も多いのでは…。

しかしマイナンバー制度の導入で副業が会社にバレる?

副業が会社にばれないためにはどうすれば良い!!



銀行口座とマイナンバー制度の紐づけはいつから?建前と本音の話

マイナンバーと銀行口座マイナンバー制度で銀行口座が政府の監視下に?

いつ、どのような目的で施行されるのでしょうか。

いずれ来たる制度にどのように対応すれば!!



銀行口座が凍結?マイナンバー制度で国民資産が監視される,のウソ

国民資産の監視いよいよ国民の全財産がガラス張り状態に?

いえいえそれは誤解…目的は違う所にあります。

実は「マイナンバー制度がサラリーマンにはメリット」?



節税のつもりが脱税に?マイナンバー制度で防止できるか,と問題点

脱税の意思脱税をする人の多くは「なんとなく」している?

自分は節税のつもりだったのに…という可能性もあります。

マイナンバー制度でどうなってしまうのか!?



ヤフオク,アフィリエイトがターゲット?マイナンバー制度に狙われる脱税しやすい層とは

マイナンバー制度と脱税マイナンバー制度で最も狙われるのはネットで稼ぐ層?

儲けていようがいまいが関係なく狙われます。

脱税で摘発されないためにはどうすればいいのでしょうか!



なぜマイナンバー制度?課税の公平を実現に税法改正をしない理由

マイナンバーと課税の公平「日本は世界一金持ちの税金が重い」は本当?

本当ならばなぜ政府は財政困難で悩んでいるのだろう。

それはマイナンバー制度で解消されるのでしょうか!!



タンス預金も狙われる?相続税で自己破産もあり得るマイナンバー制度の話

マイナンバー制度と相続税マイナンバー制度の真の恐怖は相続税とともに?

親がコツコツ貯蓄したお金を根こそぎむしり取りたい政府。

そしていずれはタンス預金にも手を伸ばす…!




『管理人イチオシ記事』



【就活者必見】面接官は履歴書の特技を見ない!重視されるのは?


マジ


採用担当をしている友人から聞いた赤裸々な暴露トーク。

多くの人の"特技"への考え方は間違っているかも…?




【2万円超え】Kindle Voyageが調べるほど凄くて欲しくなる


voyage


購入を検討している上でも参考になるのが他人の評価。

管理人もそうなので周囲の評価を調べてみた結果…?




電子ペーパーお試し機種?Kindle Paperwhiteの特徴まとめ


Kindle Paperwhite


電子書籍端末でも一番有名なのはKindleだと思います。

その中でもお試し機種として最適と名高い機種ですが…?




Kindleのライバルとなるか!Kobo Aura H2Oの評判はいかが?


ワクワク


Voyageと同じく2万円近いが防水機能が売りのこの製品。

それだけかと思いきやそんなことはなく…?




Kindleと楽天Kobo、買うならどっち?特徴を徹底比較した結果…!


悩む1


「徹底的な使いやすさ」と「持ち出す読書」の戦い。

様々な場面を考慮した結果、軍配が上がったのは…?




コメントを残す

このページの先頭へ